Tomoko Blog

【tomoko通信】vol.49「Open Mic」

bc79cf871c76a2b0d86e6a36162d196e_s
こんにちは
tomokoです。

今日はハリウッドに住んでいた時通っていた、
Open Mic (オープンマイク)の話をしましょう。

ハリウッドの南に老舗のカフェがあった。

私が通っていた学校の情報で、Open Micというものが
ここにあると聞き早速行ってみる。

全て車での移動のアメリカ生活。
もう2年ぐらいは生活していたので、慣れっこになっている。

その感覚で気づくのは、ここはあまり治安は良くない。

カフェの周りは住宅街で静かな感じだ。

夕方6時、どこからともなく人が集まりだす。
Open Micに出たい人が申込のサインをしに、
この時間に集まるのだ。

人数が70人にもなったりする。
その日に出れないということもある。

私は選ばれ出れるようになった。
順番を待つ間、他の人の演奏を聴いた。

ここでは、学生以外のアメリカ人、普通の音楽好きの人が
ギター弾き語りやキーボード弾き語り、アカペラなどで歌っていた。

やはり学校内の雰囲気とは違った。
リアルさ、臨場感を感じる。

上手い人は、本当にうまかった。

ギターのテクニックもある人がいたり、
キーボードの人も上手い人はたくさんいた。

歌は色々で、上手い人もいればそうでない人も多くいた。

私は自分のCDを持って、この中の1曲を歌うといい
キーボード弾き語りをした。

ありがたいことに拍手、喝采をもらった。
私は歌っている間に、お客さんの反応を感じる。

悪くない、みんなが聴いてくれている。
みんなが笑顔になってくれていると安心して歌えた。

CDが1枚売れた。

どの人種でも受け入れてくれる。
このOpen Micはいろんな場所で行われている。

ミュージシャン、シンガー、コメディアンはこうして
育てられるのだろう。

私は日本でもそうなればいいなぁ。


Highland Grounds – Open Mic – 4/14/1999 – Pt.1

↑実際に行っていたカフェです
Open Micの雰囲気を感じられる

tomoko

【tomoko通信】vol.48「Weekend」

uni15052349sandiego03_tp_v
こんにちは
tomokoです。

アメリカ、ハリウッドの音楽学校に通っていた時、金曜日になると、

What are you gonna do on this weekend?
今週末何するの?

という話題に良くなる。

I have a party at my friend house.
友達の家でパーティーがあるんだ。

日本だとパーティーという言葉は誕生日とか、クリスマスなどの時だが、
アメリカでは日常で身近にパーティーはある。
毎週どこかでやっている

そのほか、
I`ll go to the movie.

「映画に行く」の答えもよくある。

毎週、映画館に行く人もたくさんいる。
日本よりも映画が安く観れるのもあるかもしれない。

映画やパーティーと同じく、

「音楽を聴きに行く」というのもとても身近にある。

レストランに入ったら生バンドがいたり、ピアノ生演奏の人がいたり、
カフェに入れば地元のオリジナルバンドが演奏していたり、
そういったライブハウスもたくさんある。

音楽の学校に私がいたからというだけでなく、Weekend(週末)に
生演奏を聴きに行くことは、普通に身近にあった。

これが、ミュージシャンやシンガーを育てる環境なのだろう。

週末何しますか?


Hold My Hand/ Michael Jackson

手をつないで と歌っている。

手をつなぐと、心がつながる感じがやはりするなぁ。

tomoko

【tomoko通信】vol.47「Sangoro」

danro
こんにちは
tomokoです。

私はスーパーやレストランに入った時に、またはテレビの後ろで
なっているBGMに自然と耳がいく。

もちろんその場所で、購買欲をそそるような音楽が必要なのもわかるが、
あまりにも音楽が派手だったり、強い主張をしてくると、
私はそこにはもう行きたくない、テレビだとみたくないとなってしまう。

以前にX氏と制作をしていたからこそわかることだが、
音が人工音で、リズムも人工的に合わすこともできる現代の技術。

何を持って音楽的とするか考えるところだ。

このタイトルにある「Sangoro」とは山小屋の名前。

そこは1700m山々の中の、ゲレンデの中にある山小屋。

とても雰囲気があっていい。
私が最も気に入ったのはそこで流しているBGMだ。

ジャズを流している。

夏の山に人間が奏でるジャズが流れているのだ。

時にはピアノソロ、デュオ、歌、インストルメンタル。

私はそれから毎年訪れるSangoro。
いい音が山々にこだまする。


Bill Evans – Waltz For Debby

tomoko

【tomoko通信】vol.46「どんな時にどんな曲?」

d57cf6f04dcfe285f96d3c37d38c87ea_s

こんにちは
tomokoです。

音楽によって力をもらうなぁと、最近あらためて感じました。

プライベートでも仕事でも、やらなきゃいけないことが山積みになってしまい、
時間がない、余裕がないという気持ちになってしまいがちです

その山に面と向かうとこの山登れるだろうか?
やる気が損なわれたりします。

いわゆる意志力消耗状態。
やりたくないっという気持ちが大きくなる。

そんな状態からやりだそうとすると、大きな決意が必要となります。
行動に移すことなんて到底無理となるわけですね。

そんな時車に乗っていて、この曲を久しぶりに聴きました。


Whitney Houston – Step By Step

以前から聴いていた曲でしたが、このStep by Step(一歩、一歩)
という言葉が響いた。

Bit by bit ほんの少し、ほんの少し
Stone by stone 一石、一石、
Brick by brick 一レンガ、一レンガ、

Day by day 一日、一日、
Mile by mile 一マイル、一マイル
go your own way あなたの道を行け

この言葉と、このリズムに励まされ、
停滞していた自分の心や身体が動き始めた。

大きなことをやろうとする時も、この細分化、
細かくして段階を作り、少しずつ進んでいく。

大切だなぁと歌から力をもらった。

tomoko

【tomoko通信】vol.45「チェザリィヴォーカリスィズ」

old-italian
こんにちは
tomokoです。

私が継承したのはチェザリィヴォーカリスィズ発声法。

昨日は歴史好きに私がなったことを伝えましたが、
この発声法にも歴史があります。

1600年代にOld Italian Schoolオールドイタリアンスクール
というものが生まれた。

それはどういうものかというと?

この世に初めて誕生したヴォイストレーニング方法といわれている。

当時のイタリアは、オペラなども作られて
歌をより音楽の表現の一部となっていった時代。

あの人にはできるのに自分にできないといったように、
歌への関心が高まりました。

そんな中でNatural Singer の存在に気づきます。

それは生まれながらに自由自在に歌える。

音程スケールを、低いところから高いところまで歌った時に、
声の途切れのような感覚がない。

そんな才能を持った人をNatural Singerナチュラルシンガー。
その人たちを集めて、どういう時にどう出しているか研究します。

そして、Natural Singerをモデルにして作られたヴォイストレーニングが
Old Italian Schoolオールドイタリアンスクール。
(schoolは、学派の意味で使われています)

1600年から人から人へと伝わってきた。

時間が経ち、1900年代。

同じイタリア人のチェザリィが、その古典のようなOld Italian Schoolが
理にかなっているのか調べ出します。

当時の音響学、科学、生理学の面から実証をした。
チェザリィは5つの本を残します。

その一冊、
「The Voice of the Mind」
ザ ヴォイス オヴ ザ マインド
E.Herbert-Caesari著書 1951年初版。


私は技術監修でその翻訳に携わり、2001年にこの本は日本で出版されました。

こうしてその1600年の知恵は日本に入ってきた。

この本を訳す、その監修の仕事は私はロサンゼルスでしていたのですが、
原本は370ページ、500ページもある本です。

正直、大変でした。
でも、私にとっていい経験です。

この本だけでは、実際にどういうものかわかりにくいでしょう。
でもいっていることはとてもシンプルで、日常の生活に実用的に使えることもある。

私はロサンゼルスで教えていた時と同じことをしています。

これからどうやってこのことが広まっていくか?
私のチャレンジが始まる・・・

tomoko

【tomoko通信】vol.44「歴史」

%e6%ad%b4%e5%8f%b2

こんにちは、tomokoです。

人は歴史に学ぶといったりします。
私は学校で学ぶ歴史の授業は苦手でした。

この年号やカタカナの名前など、覚えるだけでつまらないと感じていました。
しかし渡米をし、アメリカに長く住んでみて、自分のルーツを
考える機会が多くなりました。

やっぱり自分は日本人だなぁとか、
なぜ自分こういう感じ方をするのだろう、
他国の人と触れてみて感じることが多かった。

ダウンタウンに日本語の図書館がありました。
私は日本語の本がたくさんあることが嬉しく、毎週通うようになりました。
嫌いだった日本の歴史にとても興味を持っていきました。

同じ人間がいろんな時代にどう生きたかということに興味を持ったこと。
こういう日本の背景があるから、自分にもその考え方、文化があることに
興味を持っていった。

私が伝えているヴォイストレーニングは1600年に生まれたものです。

日本とは違うイタリアで世の中に初めて体系的に作られた
ヴォイストレーニングといわれている。

人間の受け継いでいった知恵を感じる。

tomoko

【tomoko通信】vol.43「好きな曲」

%e6%a5%bd%e8%ad%9c
こんにちは、tomokoです。

私はレッスンで歌いたい曲を持って来てくださいと伝えます。
歌が一番その人の習慣が出て来ますので、体験レッスンでも歌ってもらいます。
私は内心ワクワクして聴いています。

いつも思うことがあり、それは本当に核心をついていることと思うのですが
その人が好きという曲は、その人に合っているということです。

面白いです。
その曲は、その人の声・雰囲気にとても合うんですね。

自然とその音や、歌が、合う人を見つけるかのように感じることがあります。

私は曲を作ります。
自分が歌う曲を作ります。

やはりその曲は私の声、雰囲気に合うのでしょう。
完成した曲は、我が子のように愛すようになりますから。

tomoko

【tomoko通信】vol.42「体験ワークショップ開催」

workshop
こんにちは、tomokoです。

このtomoko通信では私の過去の失敗談から始まり、私がなぜこのビジョンを持ったかや
私の歌、音楽についてをお伝えしています。
今回は先月のクリスマスライブの際に告知をしました、体験ワークショップについて
お伝えしたいと思います。

来月の2月24日に私の伝えているヴォイストレーニングの体験レッスンワークショップ
を開催します。

実は現在2名の方がご興味を持っていただいています。
早速のご連絡をいただき心より感謝です。

今回は1対多人数を考えていますので、どんな人数でも良いと考えています。
2名なら2名の方に合わせて行います。
その人数に合わせて会場を決めますので、まだ詳細が決まっていません。

はい、これから決めていきます

2月24日(土)午後の時間帯で、90分間体験しながらのワークショップです。
楽しいものとなり、あっという間の時間だと思います。

私がお伝えしていることは、日本ではきっと他では伝えられていないものと確信しています。
なぜなら私が唯一の日本人継承者だからです。

すごいですね、この言葉。

私は正直この言葉をあまり使いたいとは思っていませんでした。

なぜなら、そういった権威性は私の歌を聴いてもらって、
その人がどう感じるかに任せたいと思っていたからです。

どんだけすごい経歴があっても、どんだけすごい権威があっても、
意味をなすのは、それを受けた人がいいと思ってくれて、
満足を得ていただくことが重要と思っているからです。

「言葉で伝えなくてもいい」
「音で伝えられれば」

という気持ちが私の根底にあるんですね。
よくいるミュージシャンの考えです

でもあらためて考えてみると、私を育ててくれた人、育ててくれた環境、背景があります。

それは、日本、アメリカの環境、グロリア・ロッシュだったり、アメリカで出会った
ミュージシャン、シンガー、もちろんX氏も、そして、今のバンドメンバーやスタッフ、
今レッスンを受けに来てくださっている生徒さんたち、ファンとして聴きに来てくださる方、
また、この通信を読んでくださっている方みなさん。

全てが私を育ててくれていると思っています
それを考えた時に私の力は私一人だけの力ではないんです。

勝手な思いを勝手に感じていますが(笑)
そこに敬意や感謝をしめしていきたいと思っています。

ちゃんと権威性を伝える、事実をちゃんと言葉で伝えることを
していきたいと思います。

そうでなければ、早く丁寧に伝わっていきません。
この通信を書き続けて学びました。

一人でも多くの方に私が受け継いだものを、丁寧に伝えていきたいと思います。

今回は1対多人数です。

気軽に、ヴォイストレーニングってどんなものなのだろう?
このtomokoが伝えるものって何?
を知ってもらうことや、歌うことでの喜びを感じてもらうことを目的にしています。

ですので、気軽に受けられる料金設定です。
びっくりするほどかもです。

ご興味を持ってくださる方全員へ来ていただきたいと思っているからです。
ここで利益を得ようと考えていません。

それと、このメールを読んでくださっている皆さんには特別待遇をしたいと思っております。
なぜなら、この通信は12月からスタートしました。ほぼ日刊です。

急にこちらからし始めたことに受け入れてくださっていることへの感謝、
ここまで皆さんのご感想やご意見をいただきながら、やってくることができました。
心よりありがとうございます。

通常の参加費用の半額にします。
お金でそれをあらわせるとは思っていませんが私のできる限りです。

========================================================
2月24日(土)
「tomoko ヴォイストレーニング体験ワークショップ」

対象者:
今回は初めての方を優先したいと思いますので、私からレッスンを
受けたことがない方でお願いします。

でもご都合が合えば復習のためにもレッスン生も聴講はできるようにします。
ぜひお気軽に来てください。

どんな方が受けたらいいか?

基本的には、どんな方でもです。
なぜなら声を出す人、全てに有効と考えるからです

あえていうならば、

シンガーを目指す人、声を使う職業の方、歌うことが好きな方、
最近、声が出にくいと感じている方、声に悩みを持っている方。

声が出ない、前は高いところが出たのに出しにくくなってしまった、
歌いたいけど歌う機会がないと感じている方、
子供から大人まで、主婦、ビジネスマンや高齢者の方。

注意:小、中学生は、保護者同伴をお願いしています。
または保護者の許可が必要です。
主に大人が聞いて面白いように進めるので、それについてこられる未成年で
あることでお願いします。

私のヴォイストレーニングプロフィール
https://www.naturalsinger.net/category01/index.html

どんなヴォイストレーニングかはこちらを参照ください。
少し難しいそうに見えますが、とてもシンプルでわかりやすくお伝えします。
https://www.naturalsinger.net/category02/index_copy.html

どんな方でも知ると有効で役立つ声の仕組み、トレーニング方法を伝えます。

実は、宣伝をあまりしていません(笑)
たくさんになってしまうと丁寧にできないということを避けていたためです。

でも、これからはたくさん来ていただいても対応できる様に体制を整えていこうとしています、
お一人ずつに合わせて丁寧に、誠意をもって私が伝えていきたいと思います。

これからFacebookやタウン誌などで、告知し宣伝していこうと思います。
これからです(笑)普通はもっと早くやってるでしょうね。

さぁ、これからどうなるか楽しみです。

どんな様になっても私の学びだと思っています。
私の楽観的な部分を活かしていきます。

少人数でもとても嬉しいですし、それだけ濃くやることができます。
「とても得しました」と前回、参加してくださった方のご感想の言葉です。

ご興味を持ってくださった方ぜひ、mail@naturalsinger.netまで
お気軽にご連絡ください。

もしもこの開催を広めることにご協力してくださる方、アドバイスなどありましたら、
ぜひ気軽にtomokoまでご連絡をお願いします。

私のビジョンに共感してくださる方、ぜひ力を合わせたいと思います。
一人よりも二人、と力は倍にも何倍にもなると信じています。

tomoko

【tomoko通信】vol.41「歌のコミュニケーション」

%e9%9f%b3%e7%ac%a6
こんにちは、tomokoです。

私が師事していたグロリア・ロッシュは歌はコミュニケーションだと言った。
コミュニケーション=言葉、文字によってお互いの考えや意見を伝えること
と辞書にあります。

今ではコミュニケーション方法はたくさんある。
メールでもブログでも、ITのおかげでずっと多くのコミュニケーション方法が増えただろう。

歌は言葉の歌詞以外に音でも伝えている。
楽器の音ではなく、生きている人間から出てくる音は本当はすごく面白い。

それはその人がどうやって生きているか。
どう考えているのか。
どう感じているのか。
それら全てが歌には含まれているって、私は思う。

100人いれば100人の声、みんな違う。
声の音にはそんな情報があって、歌うとその情報がさらに増える。

その人の人となりが感じられる。
それが歌のコミュニケーションだと私は思っている。

Sade – Cherish the Day (Live 2011)

彼らもコミュニケーションを観客ととっている。
ステージパフォーマンスがとても素晴らしい。

tomoko

【tomoko通信】vol.40「音でコミュニケーション」

communication
こんにちは、tomokoです。

「コミュニケーション=言葉・文字によってお互いの考えや意見を伝えること」
と辞書にあります。

人は人とコミュニケーションをしている。

原始の時代言葉が生まれる前は、動物のように声の高低でお互いの考えや
意見を伝えていたのだろう。

人は生きる生物の中で一番音域が広い。
猫や犬よりも、断然人間の方が音の高低やいろんな子音を出せる。

「私は高いところが出ない」という人がいるがそれとは関係なく、
身体にその機能が備わっている。

人間に尻尾の痕跡があるように、原始の時代から幅広く声を使っていたからこそ、
ここまで音域が広く出せる機能が残っているのだろう。

言葉ができてからどうなるか?
そこまで幅広い音の高低がなくて済むので使わなくなる。

使わなくなるとどうなるか?
退化して行く。

機能はあるけど使い方はわからないという、宝の持ち腐れが起こる。

グロリアとのレッスンは退化しているところを目覚めさせ、
進化させるところまで導けると気づかせてくれるものだった。

三ヶ月かけて学んだHow to studyを役立てながら、
私とグロリアのレッスンは1年続いた。

tomoko

[ Page 1 of 34 ]
1 2 3 34
© 2016 - 2018 tomoko